綴織体験のパンフレットができました!


みなさま、こんにちは。

京都壬生の制作会社・立生のウエガキです。

今回は、印刷できたてホヤホヤっ!なパンフレットのお話をさせていただきます。

ところで、綴織(つづれおり)って、どんなものなんでしょうか?

みなさんは、「綴織」という言葉を聞いて、「あーあー、あれね。あの綴織ね♪」という感じでパッとイメージできますか?

正直、私も言葉を聞いただけでは、織物の一種だろうということは予想ができたものの、「こういう織物ですよ。」と説明できるほどには、わかってませんでした。

このパンフレットによりますと、正式名称は「西陣爪掻本綴織(にしじんつめがきほんつづれおり)」といいまして、西陣織の中で最も歴史がある織り方です。爪で織る芸術品とも呼ばれているそうです。

こちらの工房では、初心者向け作品〜本格的な綴織作品(ほぼ一日がかりのワークショップ)までを体験できますよ、と書いてありました!(できあがったパンフレットをすみずみまで読み込む私)

西陣織の技術を気軽に体験できるんですよ!

しかも、西陣地区で! ※北野天満宮のご近所です。ええとこですね〜。

詳細はこちらまで→  奏絲綴苑(そうしつづれえん)様のWEBサイトです

デザインは、こんな感じです!

観音開きのパンフレットです(表紙含め、全8ページ)。

外国人の方が体験される場合、事前予約すれば英語通訳についてもらえるそうです。そんなわけで、パンフレットには日本語と英語が併記してありますね。

_DSC4116
表紙は、はた織機ですね。

開くとこんな感じです。

_DSC4111
織物で、どうやったらこんな絵が?

さらに開きます!

数々の体験メニューは、こちら!

デザインは、彼女が担当いたしました!(初登場!)

ちらっと顔出し♪
ちらっと顔出し♪

 

「新しいパンフレットのデザインに悩んでます〜。」という方、ご連絡お待ちしております。

お問い合わせはこちらからお気軽に!

立生株式会社のWEBサイト

Facebookもやってます!

ではまたお会いいたしましょう〜♪

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です